ヨクイニン含むイボクリームでおすすめはどれ?

 

市販&ネット通販も含め、ヨクイニンを含むジェル&クリームはかなりの数があります。

 

その中から、おすすめの首&顔イボケアのジェル&クリームランキングをご紹介します。

 

※ヨクイニンはハトムギエキスに含まれる成分の1つです。

 

※返金保証ありは”クリアポロン”だけです。

 

艶つや習慣

 

艶つや習慣 URL1

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:120g※約1か月
  • 定期購入:2,052円(※2回目〜3,283円)
  • 単品購入:3,693円(※送料630円)

 

 

艶つや習慣は他社のジェルよりも圧倒的に内容量が多いです。

 

そのため、腕や背中など”面積が広い部分”にたっぷり塗ることができます。

 

これで、返金保証があればいいのですが(汗)
残念ながら、保証はないです・・・・

 

>>【公式】艶つや習慣公式サイトはこちら

 

 

クリアポロン

 

クリアポロン

 

  • 返金保証:あり※180日間
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,800円(※2回目〜5,440円)
  • 単品購入:3,693円(※別途送料あり)

 

クリアポロンの返金は”初回購入分1個分のみ”が対象です。

 

>>【公式】クリアポロン公式サイトはこちら

 

 

シルキースワン

 

シルキースワン

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:20g×2個※約1か月
  • 定期購入:2,980円(※2回目〜5,400円)

 

ミニケースタイプなので、手軽に持ち運びができます。

 

内容量は少ないですが、やや伸びやすいタイプです。

 

そのため、小豆大くらいの大きさで十分です。

 

 

>>【公式】シルキースワン公式サイトはこちら

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

杏ジェル

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:100g※約1か月
  • 定期購入:25000円
  • 単品購入:3000円(※別途送料あり)

 

当サイト内で唯一のチューブタイプのジェルです。

 

洗顔後に気になる部分(首やデコルテなど)にやさしくこすると古い角質がポロポロ取れます。

 

>>【公式】杏ジェル公式サイトはこちら

 

 

イボについてのQ&A

イボについて疑問の人

 

 

老人性いぼの原因は?※どうして首回りにできるの?

 

老人性いぼは、別名首いぼとも呼ばれていて、その主な原因は老化と言われています。主に30代以降から増え始め年齢に比例して発生率が増える傾向にあり、更年期を過ぎた女性に多く発生するとも言われています。

 

紫外線を浴びすぎると肌はダメージを受けて老化しやすくなり、新陳代謝が悪くなっていぼが出来やすくなります。
どうして首回りにできやすいのかというと、首は夏冬問わず常に露出していて紫外線を浴びやすい場所という事と、衣服や肌同士の摩擦が起こりやすく、それによる刺激が原因と言われています。

 

この老人性いぼは衣服や肌同士の摩擦によってできやすいので、首だけとは限らず腕を動かすことで摩擦の起こる脇の下や、歩くことで下着との摩擦が起こりやすい太ももの付け根なども、いぼが出来やすい場所と言えます。
また、よく汗をかく場所も老人性いぼができやすいと言われているので、首回りや脇の下はいぼが出来やすい場所と言えます。

 

この老人性いぼの主な原因は老化ですが、紫外線のダメージや衣服との摩擦を小さく抑える工夫、保湿や新陳代謝を高めるための規則正しい生活などで予防し、出来てしまったいぼは様々なタイプのサプリや塗り薬などが市販されているので、諦めずに対策してみましょう。

 

 

首回りの老人性イボはレーザー治療でとれるの?

 

老化とともにできてしまう老人性イボでお悩みの方は多いです。ぽつぽつとして目立ってしまいますし、気になる方も多いでしょう。特に首回りにできるということが多く、紫外線が影響していたり、あとはターンオーバーの働きが悪くなっていることでできてしまうのが老人性イボです。

 

塗り薬で老人性イボを取るという治療法もありますが、レーザー治療であればもっと確実です。イボにもいろいろな種類があり、悪性の物の場合には、レーザーではなく、切開しなければならないケースもあります。しかし、老人性イボの場合でしたら、レーザー治療できれいにとることができます。

 

皮膚科、美容皮膚科で対応してもらうことができますので、気になる方はまずは診察を受けてみて、そのイボがどういったイボなのか、またそのイボの種類によっても使われるレーザーも違いますので、対応しているクリニックを探してみましょう。保険が適用となる場合もありますし、適用とならないものもあります。ちなみにレーザー治療の際の痛みに関しては、そのレーザーの種類、そして個人差もありますので一概には言えませんが、一瞬輪ゴムではじくような痛みのものと、ショットタイプであれば強い痛みを感じるものもあります。相談してみましょう。

 

ヨクイニンの効果と副作用を解説

 

ヨクイニン(?苡仁)とは、イボ・吹き出物・乾燥による肌荒れなど大人の肌あれに効果のある漢方薬です。

 

漢方の考え方のでは、ほこりなどの汚れ、不十分なメイク落とし、雑菌や毒素により肌が塞がれ、肌をじゅくじゅくにしてしまう余分な水分や、肌の乾燥を引き起こす熱が一点にとどまることにより引き起こされるとされています。またそれらが邪魔になり身体に必要な栄養素の巡りが悪くなると、肌に栄養がいきわたらなくなり、シミの原因にもなります。

 

ヨクイニンは、消炎作用や体の水分バランスや血行を整える作用があるので、肌の巡りを正しい状態に戻します。そしてまたヨクイニンには、膿や毒を排出する、皮膚再生、皮膚柔軟化、保湿、免疫の向上などの効果もあるため、元々あったイボやシミなどの肌トラブルを追い出し、新しい肌を作ることを促進するのです。

 

気になる副作用ですが、ヨクイニンはハトムギという植物から作られた、副作用の少ない漢方です。しかし、漢方は複数の成分により配合されている場合があるので、皮膚 ?発疹、発赤、かゆみ、消化器 胃部不快感、腹痛などの副作用が引き起こされることがあります。そのような場合は、医師、薬剤師、登録販売者に相談しましょう。

 

 

 

イボコロリの液体タイプの特徴

 

イボコロリの液体タイプは塗った後にすぐに乾いて白い被膜になる特徴があります。

 

この特徴のため、液垂れを起こしてしまったり、衣服に付着したり、不要なところに付着してしまったりといった不都合もなく使用することが可能となっています。

 

イボコロリには絆創膏タイプもありますが、その場合、薬剤を2日から3日程度貼り続けなければならないため、絆創膏が濡れたりすることで貼り直しなどの不都合が出ることもあります。

 

また、薬剤を含んだ絆創膏が健康な皮膚についてしまうとその部分も剥離してしまう恐れが、患部の位置によっては少し使いづらいと感じる場合もあるかもしれません。

 

液体タイプの場合は、速乾性の薬液を3日から4日続けて塗るだけですし、細かいところも柔軟に塗ることが可能となっているため、絆創膏が剥がれたり、
不要なところに薬剤が付着したりという煩わしさを感じずに済むのも大きな特徴だといえます。

 

有効成分についてはどちらもサリチル酸という成分を含有していますので、効果という点では大きな差はありません。サリチル酸という成分の特徴から、
しばらくお薬を浸透させないと皮膚が剥離してきませんので、3日から4日続けて使用するということが大事になります。